MOLLEベルトはずっと使える!最初の装備におすすめ

サバイバルゲーム

初心者の頃、最低限必要なものを買い揃えたあと、装備類は何を買っていいかわからなくて、ネットの情報を見て自分なりに欲しい物をいろいろ買っていた。しかしながら、初心者の物欲とは怖いもので、あれもほしい、これもほしいなんて思って、BDU買ったり、チェストリグ買ったり、プレキャリ買ったり、ブーツ買ったりと手当たりしだい買い物をしていた。もちろん、色んなものを試してみるのは悪いことではないと思うのだが、結局装備の多くは、使わなかったり、人に譲ったりしていた。そんな中最後までのこった装備があるので紹介したい!

それが上の画像にもあるMOLLEベルトである。

一体MOLLEベルトの何がいいのか?なぜ最初の装備としてぜひ買ってもらいたいのか?を自分なりに紹介していきたい。

そもそもMOLLEとは?

少し前から普通のかばん等でも見かけるようになったウェビング

MOLLE System -モールシステム-

詳しい内容は上記の、ブログの方が丁寧に書いていらっしゃるので、ぜひ確認していただきたい。

簡単に説明するとMOLLEとは正式名称「Modular Lightweight Load-carrying Equipment」の略称であり、ポーチなどの付属品を簡単に付け外しできるモジュラー式の装備システムである。特有のウェビング(PALS)に様々な装備を付け替えることによって作戦ごとに最適な装備にできる。

さて、このMOLLEの何がいいかというと規格が統一されており、多くのものが出回っているため入手が簡単かつ、脱落しにくいのが特徴である。将来的にいろいろなものが欲しくなってもこれさえあれば殆どの付属品に対応できてしまうのも良い点だろう。

MOLLEベルトのいいところ

さてMOLLEが何なのかわかったところで、MOLLEベルトの何がいいのかを説明していきたい。

腰回りだけのため非常に身軽

エアガンを構えたときに邪魔にならない

エアガンを構えるときにストックを肩につけると思うが、今まで買った安価なプレートキャリアなどは肩周りの素材が硬かったり、安定感がないこともあり、いまいちフィット感がなかった。また、スリング等を掛けているときに引っかかりを感じることもあった。

しかし、MOLLEベルトであれば肩周りや胴回りは何も装備がないため、引っかかりもなく安定感があるため安心である。仮に重量が重くなりすぎてしまい、サスペンダーをつけることになっても、そこまで邪魔にはならないだろう。

背中や胸元が涼しい

背中や胸元には装備がなく開放されているため、熱がこもらず夏でも比較的涼しい。流石に腰回りは暑さを感じるが、腰回りだけのためそこまで気にはならない。ベルト自体もワンタッチバックルとなっており脱着が簡単なため、セーフティゾーンに帰ってきてから気軽に装備を外して休憩することができる。

比較的安価

キャリアプレートやチェストリグ、バンダリアなど、上を見始めたら限りが無いが、molleベルトはベルトのみのため、比較的安価に購入することができる。もちろん高価なものを買おうとすればそれなりに費用はかかるが、安いものであれば3,000円ほどで、しっかりしたものでも1万円前後で購入できるだろう。

初心者の人が続けるかわからない、でもマガジンなどを携行するのに使いたいというときに気軽に購入できる点は非常に良い。また、中級者以上の人もベルトキットとして、最低限必要なものをまとめておくと装備の管理や、幅が広がるのでおすすめである。

シンプルなデザインのものを選べば、アウトドアのときにウエストポーチ代わりとして使うのもいいかもしれない。

持ち運びが非常に簡単

車を持っている人はいいが、そうじゃない人はいざプレートキャリアを買ったとしても、今度は持ち運ぶ方法を考えなければならない。小さめのものなら問題ないが普通のサイズは意外と大きいため、新たにかばんを買い直すことになる可能性もあるだろう。

m4マガジンと並べて見たが比較的小さいように見える。

しかし、MOLLEベルトならご覧の通り折りたたんでしまえば非常に小さくなる。多少手間ではあるが一部装備類を外せばよりコンパクトになるだろう。この程度のサイズであれば、マスクや手袋と言ったものと一緒にリュックに入れることも可能だろう。

MOLLEベルトが物足りない人は?

とはいえ、MOLLEベルトだけでは物足りないんじゃないの?結局買い換えてしまうのでは?という人もいるかも知れないので、下記の様な人は少し考えてみたほうがいいかもしれない。

見た目にこだわりたい人

胸元や背中が、がら空きになってしまうため、見た目の物足りなさを感じる人もいるかもしれない。胸元や背中といった空間はワッペンや、装飾品がよく映える場所なので、最初から機能性の他にも、見た目の良さや、雰囲気作りを楽しみたい人はプレートキャリア等を先に購入することも検討したほうがいいだろう。

被弾時の痛みが苦手な人

見た目通りベルトにしか装備がないため、胸元や背中には守ってくれるものが何もない。CQBエリアや、屋内フィールドではどこにあたっても大概痛いので、痛い範囲が増えてしまう。痛いのが苦手な人はプレートキャリアを着るか、厚手な服を着ることをおすすめする。

色んなものを持ちたい人

ベルトなため、ウェビングの設置箇所はあまり多くない。そのため、多くの装備をMOLLEベルトだけで持ちたい人にはあまりおすすめはできない。あれやこれやと装備していくと、腰回りがもっさりしてしまう。また、装備重量が重くなると腰に負担がかかりゲーム中に辛くなってしまうだろう。

MOLLEベルトにはサスペンダー付きのもあるが、素直にベルトキットとして運用し、装備を増やす時はプレートキャリアやチェストリグ等をつけるといいだろう。

まとめ

簡単なまとめだが下記のような特徴があると思っていただければと思う。

  • 値段が比較的安価で初心者にもおすすめ
  • 将来的な拡張性◎
  • ベルト自体の重量が軽い
  • 体の可動域を邪魔しない
  • 運搬時の手間がすくない
  • 最低限の装備ならこれだけで問題ない

始めたばかりの人や、装備を減らしたい人には是非オススメしたい。

また、雰囲気重視や重装備の人にも、MOLLEベルト単体では物足りないかもしれないが、組み合わせて使うベルトキットとして一本持っておいても損は無いだろうと思う。新しく始める知人などにも貸しやすく、持っていきやすいところもいい点だろう。

一本持っておくと非常に使い勝手がいいので余裕があったらぜひ検討してみて欲しい。


コメント